テーマ:

月に一度のメール

こんにちは。 もう半年が過ぎましたね。今日から年の後半に入りましたが 相変わらずのコロナへの不安と、政治不信が付いて回ります。 楽しい事もなかったけれど、身体の不調を訴えながらもこうして 何となく生きている事が 幸せにも感じます。 月に一度、作家の平野啓一郎さんからメールが届きます。  アハハ!不倫をしてるんじゃない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやふやな町 綾小路麩屋町

こんにちは。 5日間ほど強風が吹き荒れて、天気もうっとうしく気分も 滅入る日々が過ぎて、全国的に雨予想の今日、京都は くっきり晴れています。大雨、又は渇水に悩む地方の方、 お見舞い申し上げます。 さて今日はちょっと落語を聞いていただきます。   壁土を食べるのが好きやという男、大津の宿の廊下で   壁土をぎょうさん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

本との出会いはいろいろ

こんにちは、 先日、図書館で借りる本を2冊選んで、もう1冊何かないかなと 探していました。(障害者枠で1か月借りられるんです。) 「月の満ち欠け」という本を手にとりました。(私、お月さんに弱い んです) 相当の長編です。作者は佐藤正午、初めて聞く名前 でした。 本の最後のプロフィールを見て あっっと思い、借りる 事にしま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やってしまった!

こんにちは、 今日は節分、旧暦でいうと大晦日にあたりますね。 高校の時だったか、私はひねくれていたので わざわざ 立春になってから、新年おめでとうと年賀を出していたことが あります。何と言うアホでしょうね。 去年は、豆を取れないもにもかかわらず、千本えんま堂と 千本釈迦堂に行って 写真を撮って来ましたが、今年は 前から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

つかの間の涼しさは信じない!

 こんにちは、一昨日は 一日中雨と天気予報は言ってたのに 朝いっ時、霧雨が降っただけで 雨は降らなかった。 おかげで夜の五山の送り火も、難なく無事成功!と言っても 基火から松明に火を点けて、それぞれの点火位置まで登りながら 走って行く人たちの事を考えると頭が下がる。 私のカメラでは撮れないのでテレビの生中継を見ていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単純な脳、複雑な「私」

こんにちは、京都はやっと、半月間の猛暑日の記録が途切れました。 と、言ってもその内、10日以上は38度越えでした。今日は又、猛暑日 です。 天井の張り替えの事を書いて、皆さんの沢山のガッツのお気持ちを いただき、ありがとうございました。 やはり、家具は全部移動しなければなりませんでした。 あっ、私が全部したのではありませ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プレイガイドジャーナル

こんにちは、昨日は京都39.8度と言われていたけど、街角で 計ると、有に40度を超えていたそうです。ひとり暮らしをしている お年より大丈夫かなと気がかりです。声を掛け合いましょう。 プレイガイドジャーナル、覚えていらっしゃるでしょうか? 関西で1971年から87年まで続いた情報誌の先駆け。 B6版で一部100円。最初は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金子光晴

こんにちは、もう一年の半分が過ぎました。 今日は、夏越の祓の日です。そして、水無月(外郎の上に小豆を ぎっしり乗せて固めた三角形のお菓子)を食べる日です。これは 全国的?わからないけど今日は食べる予定はありません。 そのうち食べます。 1975年、6月30日 詩人 金子光晴が亡くなりました。その時の事は よく覚えています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の森の満開の下

こんにちは、京都は夏日が2日続いたりして、洗濯や服装で 悩んだりして大変でしたが、風があったおかげで汗もかかず 桜吹雪の中、気持ち良く過ごせました。 さて[桜の森の満開の下]という、楽しそうな題名につられて、 坂口安吾のこの作品を読むと、えらい目にあいますよ。 読んだ方もいるでしょうが、どうもなかったですか?  ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像ラジオ

 津波があった日の夜、突然にラジオが 始まります。そのラジオは 聴こえる人と聞こえない人がいます。発信している人はDJアーク。 すぐに話題になり、沢山の人がそれぞれにラジオに、メールを送ったり、 電話をかけたり、文章を送ったりしてきます。DJアークはそれに、丁寧に 答えたり、曲をかけたりします。 DJアークは、町を見下ろす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦海浄土

こんにちは、今日も風がきつい。 石牟礼道子さんが亡くなられましたね。 水俣病に、患者に、長い間 寄り添った石牟礼さん。 [苦海浄土] 私は高校の時、課題図書か推薦図書か何かで読みました。 高度成長期の公害病、第一号じゃないかしらね。 第二の水俣病が、新潟でもあったらしいね。 水俣病は、メチル水銀化合物の、経口摂取、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年なくなった番組

こんにちは、今日もお天気がいいのだけれど、午後からやることが いっぱいある。やる事があるのはある意味、幸せな事。 認められなくてもね。 今年、なくなったテレビ番組   すずらん本屋堂 BS11  宮崎美子が毎週作家を招いて30分位              話をする。その後は、今週の新刊本を紹介、売上        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にぎやかな天地

こんにちわ、今日は、宮本輝さんの 「にぎやかな天地」 という本の 話です。通常の言葉で言えないほど、読んでよかった!と、思った 本です。2004年に読売新聞に、一年以上連載された小説だそうです。 帯に書かれた、宣伝文句が、そのままこの本のテーマを表しています。  「皆に降り注ぐ[時間]という贈り物」 「ゆっくりと[未来]へ歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文字の大きさ、今昔

こんにちわ、私の愚痴話に、気持玉付けていただいてありがとう ございます。毎日、朝に、階段上り下りの練習しているけど、今日は ほんとに寒かった。昨日、ゴミ出しに降りてくるおじさんに、今日も 出会った。おじさん、シャツ一枚、私、長袖Tシャツにカーディガン そして、ジャケットも、はおってる。おじさんて、すごいなぁ。 さて、昨日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカシガスキスキスガシカオ 回文

こんにちわ、気持玉、コメントありがとうございます。 今回は、回文について。 お菓子が好き好きスガシカオ、どちらから 読んでもいっしょでしょ。新聞紙、肩たたきなどあるけど、自分で 見つけたり、作ったことありますか? 桂文珍が、KBS京都でラジオをやっている時(85年頃)、回文をリスナーが リスナーが送って、おおいに盛り上がり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[ドーン」という小説

今日も外は暑かった。29度も30度もいっしょだな、と思った。 朝だから、そこまでは 上がってないと 思うけど。 「ドーン」と言う小説は、2009年に刊行された 平野啓一郎の小説。 当時、宇宙飛行士との対談などがあって、未来の宇宙探検、有人火星 探査機の話と、思っている人もおられるだろうが、それだけではない。 アメリカ大統領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骸骨ビルの庭

今日朝早くの番組で、戦争孤児の問題を、取り上げていた。 差別されて、近くに寄ると逃げられて、汚いから触るなと、言われていた 私を、抱いて お風呂に入れてくれた人がいた。と、 泣いて感謝している、孤児だった人の話が 流れていた。 いつの世にも、いい人はいる。 前に少し書いたけれど、宮本輝さんの「骸骨ビルの庭] と言う小説。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

南方熊楠と猫楠

今年は、みなさん周知の天才、南方熊楠の、生誕150周年で、 さすがに、今までと 違って、彼の奇行ばかりを、興味本位で 紹介するような、変な報道は なくなったと思う。 単に 若い人が 知らないだけなのかも知れないが。 1990年位に、町田町蔵(町田康)主演で、映画化が持ち上がった のだが、資金不足で、募金を募っていたのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーデニングは毎年辛い

毎年、狭いベランダで ガーデニングをしたくなる。花屋さんや、量販店では 花があふれている。 しかし、何と言っても病気の身、おっちん(しゃがむ)すると、足がつる。 痛い、痛い、しりもちついても、いろんな角度に、足を持っていっても 治らない。小さな椅子を使っても、腰をひねればまた痛い。 それにもめげずに 毎年、苗を 買ってくる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more