三度目のマンモ

今日は朝から、乳腺外来へ行ってきた。去年と結果は同じ。

去年、市民検診で、マンモグラフィとエコーを、撮って、乳房に
石灰化があると言われた。石灰化とは、カルシュウムのかたまり。
良性のものと、悪性のものがあり、初期は見分けが難しいという。

石灰化の乳癌は、腫瘍を作らず、乳管に沿って、広がっていったり
線状になっていたり、枝分かれしたり、多様性がある。

細かく枝分かれした石灰化は、非浸潤性のがんで、これは
周囲の臓器や組織、血液やリンパ管に、入り込むことが少ないので
転移をすることは少ないのですが、しこりを作らないので、
手で触れることが難しく、自分で見つけたり、触診ではみつけにくいのです。

しかし、なんですね。私なんか、乳房なんか使った事もないし、
ホルモンの出る、子宮も卵巣も、摘出しているのに、まだ、乳腺からは
薄いミルクの汁のようなものが、分泌しているんだって。!うそでしょ!

とにかく、石灰化はあるが、進みはしていないので、来年、又 検査に
行きます。これも、永遠だろうなぁ。

この頃、夏のせいか、足がだるくて少ししか歩けない。立ってられない。
マンモの検査の時、斜めから撮るときは、手で支えるが、上下から撮るときは
支えるものがなくて、看護師さんが、[大丈夫ですか]と、訊かれた時、
[足がだるくて] と答えてしまった。

多発性硬化症になった時、もう、他の病気になる事なんて、考えられなかった
けど、MSも、ひとつの病気、病気はいっぱいあるから、将来、何の病気で
死ぬかわからないものね。 あぁ、老衰で静かに逝きたい!

画像


画像
画像



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック