水時計

アクセスカウンタ

zoom RSS 想像ラジオ

<<   作成日時 : 2018/03/11 15:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

 津波があった日の夜、突然にラジオが 始まります。そのラジオは
聴こえる人と聞こえない人がいます。発信している人はDJアーク。
すぐに話題になり、沢山の人がそれぞれにラジオに、メールを送ったり、
電話をかけたり、文章を送ったりしてきます。DJアークはそれに、丁寧に
答えたり、曲をかけたりします。

DJアークは、町を見下ろす小山に生えてる杉の木の、天を刺すような
頂上あたりに引っかかって、仰向けになって首をのけぞらせたまま、
町並みを逆さに見ています。
いったい何が起こったのかわからないまま、想像という電波の代わりを
なすものによって、通信をしているのです。

真っ黒い水の中にいます。どんどん深い所へゆきます。もう何も見えません。
あなたの声も、聞き取れなくなってきました。声を出さなくても、思うだけで
いいんですよ、こちらはあなたの声がしっかり聞こえますよ!
沢山の人たちが、ラジオを盛り上げます。そこらじゅうで想像通信が
始まっています。

DJアークは、実は僕は皆さんのためにやってるんじゃないんです。
妻と息子からの通信を待っているのです。まだ、声が聞こえないのです。
あるお年寄りから電話がかかります。あなたの奥さんと息子さんは
あっちの世界にまだいるのですよ、つまり、生きているのですよ!

あっ、やっぱり、ひょっとしてひょっとするんじゃないかと、思ってたのです。
僕がこんな高い木の上でひっかかったまま、生きてるはずないですものね。
それならそれで、ふたりの声が聴きたい、どこにいるのか、何を思うのか
僕のことをふたりでどう話しているのか。
放送は死んだ人だけが聞こえるものだと思われたが、ある種、生きていても
聴こえる人がいた。

  (ちょっと待ってくださいね、この本のこと描写するのとてもむずかしい、
   第2章で、ボランティアの人が、不思議にこのラジオを聴くところが
   あるのです。勿論、生きている人が。オカルト的ではなく。)(かかと)

DJアークのお父さんとお兄さんが、自分の息子だと気付いて、杉の木の下へ
きます。おまえ、早く降りて来い、もう、先に行くぞ!(この場合、死者だけが
行く浄土の国) 先に行ってくれ、僕もすぐ後に行くから。
DJアークの意識もだんだん弱くなってきている。

最後の力を振り絞り、集中して、絶対、妻と息子の声を聴く決心をする。
ラジオを聞いていた周りのみんなが協力して、彼の集中を助ける。
彼は、妻と息子の声をを、ついに聴く。妻は息子に楽しく父親のことを
話している。息子は興味を持って父の話をねだる。

アークさん、アークさん、どうだった?皆さん、ご協力ありがとう。
なんにせよ、僕は愛されてると思いました。話しかけたかったけれど
そこまでは望み過ぎだと思いました。リスナー諸君のおかげです。
そして、僕の体は境界線が空気に溶け去って、ゆらゆら動き出すに
違いありません。この放送はどうやら終わりそうです。

今日も明日も、想像を求める新しいDJが次々と世界に現れる。
今、この時も、無数のDJがやかましいくらいに、自分の番組をオンエア
している、僕だっていつでも戻ってくる。語りかけるし、話を聴く。
その声に必ず耳をすませて欲しい、リスナーたちよ。
もちろんだ、まかせとけ、アークからの伝言、必ず、後の連中に引き継ぎます。
ありがとう、アーク、さよなら、さよなら、行ってらっしゃい、お疲れ様、
パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、

想像ラジオは、自分たちの体験した死者との別れを、喪失を、記憶して
おけばいい、死んだ人の事に囚われていていいんだよ、いっしょに
生きればいんだよと、言ってくれます。さらに、当事者じゃないから、
震災を知らないから、語る資格がないなんて思わなくてもいいと、言って
ます。悲しみの感情を抱いた時、生者は見知らぬ死者とさえ、抱きしめあう
ことができるのだからと。

つたない文章ですみません。最後のところはあとがきそのままです。
もう少し、文才があればいいのに

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
想像ラジオ 水時計/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる